駐犬ポール~ゲーム別館

現在進行形で刀剣乱舞にハマリ中

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS 花と君

成人式の時、少し離れたところから君が寂しそうにこちらを見ているのが見えた。
僕は大人になったけど、ひとつ年下の君はまだ学校に通ってる。

花を直接渡せなくなってしまったのが寂しいよ。

だから、君の通り道にボワンの花を置こう。
君が好きだといって笑った、小さな黄色い花を置こう。
君の家の前から、僕達が毎日一緒に遊んだ公園まで。

君が大人になるまで、毎日花を置こう。
少し離れたところから、君が花を拾うのを僕は見ている。
もう少し背が伸びて、君が大人になるのを待ってる。

__________________________

書いてみたらSSじゃなくてポエムで終わりそうだったので、ポエムになりました。
久々に書いたらこっぱずかしかったです。
色々あるけど、子供時代いいよ・・・。お葬式の喪主への会話とか。

女の子バージョンは、続きで。



どうして友達が先に大人になると、一緒に遊んでくれないの?
苗字で呼ぶのもイヤ。なんだかよそよそしくて。
毎日花をくれたあの子も、私に花を渡してくれない。
大人はずるいよ。大人になったら子供の時のことを忘れちゃうの?

一足先に大人になった彼が、花を置くのが見えた。
小さなお日様色のボワンの花。私の大好きな花。
初めてもらった時に嬉しくて、「かわいい」って言ったのを覚えてる。
そうしたらあなたが喜んでくれたから、私はもっとこの花が好きになったよ。
花を拾いながら歩いていたら、東公園までたどり着いた。

「忘れてないよ」って、あなたの声が聞こえた気がした。

成人式が終わった時、隣にいた子に苗字で呼びかけてみた。
ちょっとおすましして、急に大人になったみたい。
二人で顔を見合わせて笑っちゃったけど。

広場に出たら、ボワンの花が落ちていた。
花を拾いながら、私は歩く。
きっとこの花の道は、二人が毎日遊んだ東公園まで続いている。

ああ、やっぱり。遠くからでも見えるよ。
お日様色の花束を持ったあなたが、手を振りながら私を待っている。


__________________________

「花と君」女の子バージョン。
2代目のとき、仲良しが一足先に成人するのがすっごい寂しかったです。
他の人とデートとかされて、理不尽だー!!って思った。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

相原やよい

Author:相原やよい
数年間放置してた別館を復活。SS置き場。

最新記事

コピーライト

仮想世界シミュレーションゲーム「ワールド・ネバーランド ~ナルル王国物語~」オフィシャルサイト
当ページでは株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド~ナルル王国物語~』の画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。